プロフィール

篠原 祐太

ANTCICADA 代表

略歴

1994年地球生まれ。慶應義塾大学卒。幼少期より地球を愛し、あらゆる野生の恵みを味わう。昆虫食歴20年。「ラーメン凪」やミシュラン一つ星「四谷 うえ村」で 修行し、食材としての昆虫の可能性を探究。現在は、数千匹の生き物と同棲しながら、虫料理開発、ワークショップ、執筆、講演と幅広く活動。中でも世界初の「コオロギラーメン」は国内外で大反響、現在は、レストラン「ANTCICADA」開業に向け準備中。『食は作業ではない、冒険だ』

セッション

未来の食、昆虫活用の可能性

概要

世界人口は2050年には90億人を突破し、食料需要も激増すると予想されている。そのような食料危機が懸念される中、国連などの国際機関も含め、世界各国で新たな代替食、代替タンパク質の探求が進められている。
本セッションでは、その中でも栄養価が高いなどとして注目されている「昆虫」にスポットライトを当てる。国内外の昆虫を主軸にしたビジネスや研究事例とともに、昆虫活用の可能性、そこでのリアルな課題、将来展望を議論する。

登壇者

モデレーター

会場

東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号COREDO室町テラス3階
室町三井ホール, シンポジウム

開催日時

2019年11月20日 午後04:10 - 午後04:55